読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チリペヂィア

リンクフリー。サンプルコードなどは関連記事内でライセンスについて明示されない限り商用利用なども自由に行って構いませんが、自己責任でお願いします。またこれら日記内容の著作権自体は放棄していません。引用部分については引用元の権利に従ってください。

メタセコプラグイン改版 UVTexIntegra310.0.0.0 / mqsdx310.0.0

UVTexIntegra - UV and Texture Integration Tool (UVとテクスチャを統合するプラグイン)

What's UVTexIntegra? >> コチラのエントリーをどうぞ。

310.0.0.0 変更点
  • 3.1系機能(マテリアル複数選択)に対応したので、これにて310系としてメジャー版アップ
  • メタセコ本体でマテリアル複数選択した時、選択中のマテリアルを一括編集できるように変更。
  • 統合先のマテリアルに設定されている画像パスが、ファイルはあるけれど画像サイズがゼロだった時にダイアログを出してサイズを指定できるように(この時、データが壊れていたり、本当にゼロバイトで内部の形式も特定できないファイルだった時は32bitのフルカラーPNGで生成)。
  • 統合先のマテリアルに設定されている画像パスが統合元のマテリアルの画像パスとしても設定されていると統合の結果が不定になってしまうので事前に判定してメッセージを出して中断するように変更。

mqsdx - C++/CLIプラグイン開発を支援するライブラリ

What's mqsdx? >> コチラのエントリーをどうぞ。

310.0.0 変更点
  • 3.1系関数で一応軽くテストを取れたので、これにて310系としてメジャー版アップ
  • HSV色構造体を追加
  • Math::clamp/clamp01/moveTo/truncを追加

バグ報告、要望、感想などなど

このエントリーに適当にコメントして下さい。