読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チリペヂィア

リンクフリー。サンプルコードなどは関連記事内でライセンスについて明示されない限り商用利用なども自由に行って構いませんが、自己責任でお願いします。またこれら日記内容の著作権自体は放棄していません。引用部分については引用元の権利に従ってください。

HDD換装とOSの再インストール

 手持ちのネタはWindowsXP Pro SP2(CD版)です。Vista/7は持ってないしハード性能上も厳しいでしょう。ポータブルCDドライブについては新しく買うほどでもないので、デスクトップの内臓ドライブを外して外付けUSBに変換して接続しました(*1)。

他に要る物

  • USBのフロッピードライブとディスク。ディスクは出来れば6枚(※一枚でも可能)
  • 交換用のIDE接続の2.5インチHDD

SS1600はUSB-FDDでしかブートできません。フロッピーディスクは運良く部屋で発見。他、フロッピードライブもHDDも友人に頼んで余り部品を調達しました。HDDは40GB(富士通MHT2040AT)。もうSSDでもなんでもなく、捨てるかどうかという世代の部品ばかり集めたフランケnもとい清貧PCとなります。

HDD換装
HDDの換装は「Dynabook SS1600」で検索すれば手順がわかります。ついでに、巷ではインストール時のブルーバックトラブルがいくつか報告されていて、PCカードやCFが要るという話もありますが、手持ちのXP-SP2は何事もなく普通にインストールできました。

換装できたらSS1600にFDDとDVDを繋いでスイッチオン。必要ならBIOS設定などでFDDブートを設定します。そしてFDDからCDインストーラーをブートしますが…

ブートプログラムの入手

 ブートプログラムをフロッピー6枚に分割ロードするように書いてありますが、SS1600はBIOS状態でもUSB-FDDがプラグアンドプレイ可能。つまりドライブごと抜き挿しを繰り返して分割ロードできます(別PCから一枚ずつ書いてはSS1600に繋いでロードできる)。ディスク6枚も持ち合わせがない時、同時稼動するWindowsパソコンさえあればドライブ1個ディスク1枚でもOKです。フロッピーはもう将来性も流通も厳しいので、強行してしまうのもアリ。

インストール
 CDのインストーラーが走り出したら、あとはひたすら画面の指示通りにインストール作業。なお、インストール中にシステムファイルがコピーできないトラブルが頻発し、いずれもcab形式などのアーカイブデータの展開に失敗しているような場合は、メモリの故障や相性問題が考えられます。今回増設メモリの故障はこの時点で発覚しました。きわどい自作や、中古PCでは要注意です(コレってSSDが足早に壊れた理由と関係あったりするのかなぁ…)。

ドライバのセットアップとSP3アップデートに続く。

*1:(間抜けな自分のための備忘録)こういう事をするときは、system32フォルダ内のwpa.dblをバックアップしましょう。余計な認証トラブルを防ぐ事が出来ます。バックアップしたwpa.dblを上書きする時はセーフモード。USBキーボードをルートに挿しなおして再起動直後、メニューが現われるまでキーボードが割れそうなほどF8を連打!