読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チリペヂィア

リンクフリー。サンプルコードなどは関連記事内でライセンスについて明示されない限り商用利用なども自由に行って構いませんが、自己責任でお願いします。またこれら日記内容の著作権自体は放棄していません。引用部分については引用元の権利に従ってください。

バケツに1000円

新生活のシーズンも過ぎましたが、みなさん、ちゃんと掃除してますか?

さて私自身そうだったんですが、ヤローの一人暮らし部屋が汚くなる要因の一つに「清掃用具が常備されてない」または「清掃用具がすでに汚れている」というのがあるように思います。

とりわけ、バケツが汚くなるんです。

使わない時のバケツというのは、基本的にジャマなもので、普段は清掃用具入れと化しがちです。そこに埃が溜まりこんで放置すると、何度ゆすいでも入れた水が濁る汚いバケツの出来上がりです。こうなると床拭き程度には使えるのですが、つけ置き洗濯なんかには使えなくなります。そうして次第に用途を減らしていき、早晩、バケツそのものが場所をとるばかりのゴミ、下手すると捨てにくい粗大ゴミのゾーンに入ってしまいます。さらには入れておいた清掃用具も…やはり言わずもがな。

これ、母親と話して気がついたのですが、バケツを消耗品とわりきって安物を食いつなぐことに原因の一つがあるようです。

もし消耗品と考えるなら毎年買った方がいいくらいなんですが、バケツはなんとなく「まぁ汚いものなんじゃないの?」くらいに考えてモノグサ人間の私はやはり買い替えをしぶっていました。バケツって先に書いたとおり、よくよく考えてみると、数ある捨てにくい清掃用具(ホウキとか)の中でも、汚れによって汚損が機能低下に繋がりやすいんですよね。そうして清掃用具の放置と汚染が進み、ますます掃除から顔を背けるサイクルを繰り返します。

ところが親の場合やはりバケツを何10年か(!?)使っているのですが、コイツはそもそも最初から捨てないつもりの、当時でも1000円くらいした頑丈なポリバケツです。これが今たっぷり水をはっても、しっかりした剛性を保ってくれるわけです。

というわけでお勧めしたいのが、こんな感じのポリバケツです。

別にコレでなくとも、まずフタがついてる(出来ればロック機構つき)、頑丈、取っ手が太くて持ちやすい(たっぷり水をはっても持ちやすい)、なら何でも良いです(このテのものはホムセンやハンズで現物を見た方が良いと思います)。この中に清潔なウエスやマジックリンのような洗剤など「イザという時すぐ使えるように清潔をキープすべき」細かい清掃用具を保管しておきましょう。

これがやってみると案外劇的な効果があります。まず緊急時にすぐ使えます。そうして使用後のバケツを、風呂場に持って行って風呂洗剤を使ってさっと洗うのですが、安物のバケツに比べると洗浄時の清潔状態への回復力が段違いですし、そもそも安物のバケツだと、頑丈さに関する手触りが段違いなので、風呂洗剤で洗浄する気にもなりにくいんです。

もし安いバケツが部屋の隅で呪わしいオーラを発しているようだったら、バケツに対するコストを再検討してみるのはいかがでしょう。