読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チリペヂィア

リンクフリー。サンプルコードなどは関連記事内でライセンスについて明示されない限り商用利用なども自由に行って構いませんが、自己責任でお願いします。またこれら日記内容の著作権自体は放棄していません。引用部分については引用元の権利に従ってください。

mqsdx 300.0.1

バグってほどじゃないのですがさっそく修正。

更新情報

  • DllMain()のコンパイルでwarning出るのを修正。
  • ソースヘッダのライセンスLGPLに版番号明記(3.0)。
  • ドキュメントは保管場所をちょっと移動。

ダウンロード

  • オンラインリファレンス(Doxygen)
  • Download
    • オンラインリファレンスは最新版だけ残されます。しばらくは古いのも残しますが、旧版ドキュメントは基本的にzipから入手するようにしてください。

GPLってv2〜3の改版間で上下互換は無いんですね、知りませんでした。

次回更新でこのへんをMQ0xに追加の予定です。

小数点演算 { clamp(src,min,max)/clamp01(src)/move_to(from,to,mov)/trunc(src) }
HSV色構造体 { isGrayScale()/normalize()/toMQColor()/toNormalized() }

truncはvc2010のために「とりあえず」な感じの実装を入れる予定です。std::trunc自体は定義されてるんですがvc2010には搭載されてないんですよね。ゼロと大小比較してfloor/ceilを切り替えるだけなんですが…何故…。

今のところ数学支援は、Unity3D::Mathfっぽく仕向けていこうかなーと考えています(いかにもショウモナーイ・チャラーイところに手が届く感じで、呼び出し側の計算式がスッキリするのがイイヨネ!)。

ベクトル計算クラスを入れるかは迷ったんですがExpressionTempleteの実装作業を考えればBoost::uBLASでも入れりゃ良いんじゃね?ということでスルーすることにしました。するとUnity3d風にするのも大して導入するネタがないんですが…floorやらceilやらはstd名前空間に既存で、結局Unityでも光るのはVectorNのLERPやMoveToward/RotateTowardあたりなんですよね。

バグ報告、要望、感想などなど

このエントリーに適当にコメントして下さい。

どうでも良い近況

私、山口県なんですが、思ったよりPM2.5来ますね…花粉と黄砂も来てるんでしょうけど、それにしては目がカユいというよりは、ちょっとゴロゴロする感じです。喉もイガイガしっぱなし。北京の人達とかよくこれで生活できるなぁ。