読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チリペヂィア

リンクフリー。サンプルコードなどは関連記事内でライセンスについて明示されない限り商用利用なども自由に行って構いませんが、自己責任でお願いします。またこれら日記内容の著作権自体は放棄していません。引用部分については引用元の権利に従ってください。

ホイールのリムについたブレーキ汚れを砂消しで磨く

気がつくと電動アシスト自転車のホイールがゴムで真っ黒。結構スピードが出るものなので、ブレーキ系はメンテしておきたいものです。

なんでも値のはる専用メンテグッズでなくても、亀の子タワシと中性洗剤で良いらしいのですがあいにく手持ちがありません。とりあえず見つけたゲキ落ちくんで磨いてみたのですが、こちらはさっぱりでした。もう少し調べてみると、砂消しも効くらしく、これをダイソーで買ってきました。砂消しなら小さいので予備の保管にも困りません。

試しにちょっとゴシゴシやってみると、さっぱり落ちなかったゲキ落ちクンよりは確かに効果があります。しかし思ったよりは落ちない感じで、しばらく続けても、どうにも埒が明きませんでした。いろいろやってみた結果、砂消しに加えてマジックリンとかマイペットみたいな中性洗剤を使って水研ぎするのがベストみたいでした。これならいっきに捗ります。

結局ゴム汚れは雨天走行でとくに汚れるものらしく、逆に言えば水研ぎ(耐水紙やすり等を濡らして磨く工作)すれば落ちるんですが、水はすぐ流れてしまうのでかけ流しでもなきゃ勝負にならず、石鹸水的な発泡洗剤ならリムにしばらく残るのでうまくいくようです。

それにしても、純正ブレーキをそのまま使ってる前輪だけ見事に真っ黒でした。前輪もゴムだけでも交換しようかしら…